用賀・桜新町周辺 §§ くつろぎの場所

地元スタッフがリピートしている穴場はここだ!!
<< パン職人のパイオニア 明石克彦さん | ◆ main ◆ |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


☆情報は2007年のものです。詳細は店舗にご確認ください☆



ハイデー株式会社地図
ダビング+あなたの思い出 ⇒ 永遠のメッセージ
*****************************************************************
〒158-0097
東京都世田谷区用賀3-9-16 パークハイム桜新町 B1
tel : 03-3708-7090    fax : 03-3708-5071
E-mail : information@zeican.com
Blog : http://hiday007.jugem.jp/

文・写真 / 太田 馨 | 2012.02.23 Thursday | - |

◆ 記事・画像の無断転載を禁じます ◆ 店舗情報はお店の許可を得て掲載しております ◆

| 個人情報保護方針 | 免責事項 |
用賀のパン屋さん
イグレックプリュス 用賀店』に足を踏み入れる
と、ガラス張りの工房から大きなオーブンが目に
入ってくる。フランス製のボンガードという窯で、
天然酵母のパンやフランスパンなど、主に硬い
パンを焼く時に使用されるオーブン。

そしてもう1台、黒く輝くフォルムが侍の鎧兜を
思い起こさせる渋い焼き窯、その名も「武蔵」。
こちらはクロワッサンや菓子パン、食パンなど
柔らかいパンを焼くために用意されている。

イグレックプリュス用賀店では、朝の3時頃から
仕込みが行われるそうだが、取材に伺った午後の
時間帯も、黙々と作業が続けれられ、パン職人の
皆さんの真剣な眼差しが何より印象的。

パン生地の仕込みは気候に大きく左右されるため、感覚的な判断が必要とされることも多く、特に梅雨時などは、生地のブレが顕著になるのだそうだ。ただ、プロはそこを顧客に悟られてはいけない。気候の変化を敏感に感じ取りつつ、いつもの味を出す。毎日が真剣勝負なのだ。


  
惣菜パン用の野菜を仕込むスタッフ
中央の大きなボールは、パン生地をこねるもの


イグレックプリュス用賀店地図
9:00〜19:00(火曜定休)

東京都世田谷区用賀3-12-19
マドビル1F
(東急田園都市線用賀駅 東口徒歩5分)

Tel : 03-5491-1909
(電話番号もイグレック↑)


☆情報は2007年のものです。詳細は店舗にご確認ください☆



ハイデー株式会社地図
ダビング+あなたの思い出 ⇒ 永遠のメッセージ
*****************************************************************
〒158-0097
東京都世田谷区用賀3-9-16 パークハイム桜新町 B1
tel : 03-3708-7090    fax : 03-3708-5071
E-mail : information@zeican.com
Blog : http://hiday007.jugem.jp/

文・写真 / 太田 馨 | 2007.12.20 Thursday | 用賀ではたらく人々 |

◆ 記事・画像の無断転載を禁じます ◆ 店舗情報はお店の許可を得て掲載しております ◆

| 個人情報保護方針 | 免責事項 |
スポンサーサイト


☆情報は2007年のものです。詳細は店舗にご確認ください☆



ハイデー株式会社地図
ダビング+あなたの思い出 ⇒ 永遠のメッセージ
*****************************************************************
〒158-0097
東京都世田谷区用賀3-9-16 パークハイム桜新町 B1
tel : 03-3708-7090    fax : 03-3708-5071
E-mail : information@zeican.com
Blog : http://hiday007.jugem.jp/

文・写真 / 太田 馨 | 2012.02.23 Thursday | - |

◆ 記事・画像の無断転載を禁じます ◆ 店舗情報はお店の許可を得て掲載しております ◆

| 個人情報保護方針 | 免責事項 |




  



このページの先頭へ